クイーンニーナってどんなぶどう?

こんにちは。高田ぶどう園です。

先日、シャインマスカットと一緒にクイーンニーナ」の

苗を植えました。こちらも収穫は3年後ですかね。

本日は「クイーンニーナってどんなぶどう?」と

いうテーマでお伝えします。

クイーンニーナの誕生

クイーンニーナは(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所が

1992(平成4)年に「安芸津20」と「安芸クイーン」を交雑させ、

生まれた実生から選抜育成したもので、2009(平成21)年に登録出願、

2011(平成23)年に品種登録されました。

登録されてからまだ数年しか経っていない新しい品種で、

食味に優れた大粒の赤色ぶどうとして注目されています。

クイーンニーナの特徴

農林水産省の品種登録データには以下のように記載されています。

  • 果房の大きさはやや大
  • 果房の着粒密度は粗
  • 穂梗の色は緑
  • 果粒の大きさは極大
  • 果皮の色は赤
  • 果皮と果肉の分離性はやや難
  • 肉質は崩壊性
  • 果汁の甘味はかなり高
  • 果汁の多少は多
  • 果実の香りはフォクシー

次にこのぶどうを育成した農研機構のホームページには以下の通り紹介されています。

  • 「巨峰」よりやや遅く、「ピオーネ」とほぼ同時期に熟する赤色ブドウ
  • 満開時と満開10~15日後の25ppmジベレリン処理により
    果粒重は「巨峰」や「ピオーネ」より大きい18g程度の無核粒
  • 収穫期の糖度は22%程度、酸含量は0.4g/100ml程度であり
    「巨峰」や「ピオーネ」より高糖低酸
  • 肉質は崩壊性で硬いため、食味は優れる
  • 渋味はなく、はく皮性は「巨峰」と同程度か、ややはく皮しにくい
  • 脱粒性は「巨峰」と同程度かやや少なく、日持ち性は概ね「巨峰」、「ピオーネ」と同程度

触った感じは引き締まった固さを感じ、かじると皮が歯切れよく、

果肉も崩壊性でブリブリっとした良い感じです。

皮は比較的薄く、渋みも少ないので果肉と共に食べられなくはありません。

果肉は甘く、酸味は弱いので、さっぱり感はあまりなく、甘さが前面に出てきます。

クイーンニーナの生産地

主な産地は今の所まだ山梨県です。

登場してまだ数年しか経っていないので、政府の統計にも出ていません。

そんなぶどうが3年後には高田ぶどう園で収穫できる予定です。

クイーンニーナの収穫時期

収穫時期は8月下旬から9月上旬頃です。

まだ栽培面積や収穫量が少なく、市場に出回る期間も短いです。

園主より

高田ぶどう園では、3年後に皆様においしいクイーンニーナを

お届けできるよう愛情を込めて育てていきます。

楽しみにお待ちください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事